2010年03月12日

亀井氏、有事の核通過は「緊急にやればいい」(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は10日の記者会見で、非核三原則の解釈をめぐり有事の際に米軍の核の日本領海通過・寄港を認めるかについて「有事がどういう状態で来るかなんて誰も想像できない。そういう時には日米両国が合意できることを緊急にやればいい」と述べ、柔軟に対応すべきだとの考えを示した。平時の通過・寄航については「非核三原則の堅持が当然だ」と強調した。

 また、「密約」問題については「お互いの国が、公にできないがお互いにちゃんとやっていく上で暗黙に認め合おう、という部分は常にある」と語った。

【関連記事】
亀井氏、小沢氏の進退に言及 「参院選に影響」
亀井氏、夫婦別姓に改めて反対「家庭に悪影響」
亀井氏、企業・団体献金禁止「『結構でございます』というわけにはいかない」
「あほな経営者はちゃんと仕事しろ」 亀井金融相、1億円以上の役員報酬開示で
全銀協会長 1億円以上の役員報酬開示に苦言 亀井金融相は「堂々ともらえばいい」
20年後、日本はありますか?

民主議員、また「舛添大臣」 長妻氏は苦笑(産経新聞)
忙しすぎる「消費者ダイヤル」3月末で廃止(読売新聞)
阿久根市長、議会出席拒否続ける=社名挙げ「カメラ禁止を」(時事通信)
<歌舞伎>中村壱太郎ら親子3代で会見…京都南座(毎日新聞)
<東金女児殺害>公判での客観証拠重視を要望 福祉連盟(毎日新聞)
posted by クラモチ セイジ at 04:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。